固定費の見直しはまず保険から。無料でプロのファイナンシャルプランナーに相談!

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

保険相談 生活

「保険の見直し」をやったことありますか?
固定費を見直すなら、まずは保険から。
結婚、出産、転職などライフスタイルに変化があった時こそ、見直し時ですよ。

なんだか難しそうだから、って放置していませんか?

実際のところ、私がそうでした。
見直したら、ナント!3万近くの無駄を発見。3万あれば家族で外食やプチ旅行にいけますよね?

難しいからこそ、「プロに相談」が一番手っ取り早くて効率的ですよ。

これを機に一度「保険の見直し」をやってみませんか?

ファイナンシャルプランナー(FP)に無料で何度でも相談できますよ。

「保険の見直し」をしてもらいこんなにお金が浮いた

我が家の場合「保険の見直し」をしたおかげで、月々3万円近く支出が削減できました。3万あれば、外食したり、レジャーに行ったり、楽しみが増えますよね?

めぐりん
めぐりん

これって、年間36万円ほど
ムダに支出してたってことだよね

重複しているから保証は変わらないのに、
こんなにムダな支出をしてたんだと後悔。

生命保険だけでなく、車の保険にも言えます。
例えば我が家の場合、事故や故障の保険対応ができているのに、JAFに入っていたり。

そうならないために、早めに「保険の見直し」を行うことをおすすめします。

現在の保険の保障内容を確認しよう

まずは、加入している保険の保障内容を全て確認しましょう。

保険証券や契約内容などをよく読んで、どのような保障があるのか、保障額はどれくらいなのかを把握します。

ライフプランを検討しよう

次に、将来のライフプランを検討します。

子どもの成長や教育費、老後の生活など、将来起こり得るリスクを想定しましょう。

必要な保障額を算出しよう

ライフプランを検討した上で、次に必要な保障額を算出します。

死亡保障、医療保障、就業不能保障など、それぞれの保障額を検討してみましょう。

2021(令和3)年度 生命保険に関する全国実態調査より

現在の保険を比較してみよう

現在の保険と、必要保障額を満たす保険を比較します。

保障内容や保険料を比較して、自分に合った保険を選びましょう。

無料でファイナンシャルプランナー(FP)に何度でも相談

「保険の見直し」ポイント

1.保険の種類を絞る
加入している保険の種類が多すぎると、保険料がかさんでしまう可能性があります。必要な保障を絞って、保険の種類を減らすようにしましょう。

2.保険料を抑える
保障内容を維持したまま、保険料を抑える方法もあります。
保険会社やプランを見直すなどして、保険料を抑えられる保険を検討しましょう。

3.専門家に相談する
保険の見直しは、専門家に相談するのもおすすめです。
保険のプロが、あなたのライフプランに合った保険を提案してくれるので、相談してみてはいかがでしょうか。

無料でファイナンシャルプランナー(FP)に何度でも相談

無料で「保険の見直し」まとめ

子育て世代は、ライフステージの変化が激しい時期です。
そんな時期だからこそ、早めに保険の見直しを検討して、万が一に備えましょう

保険の見直しは、自分で行うこともできますが、専門家に相談するのがおすすめです。

保険のプロに相談することで、より自分に合った保険を見つけることができるでしょう。

こんな時こそ、プロの手を借りることをおすすめします。

無料でファイナンシャルプランナー(FP)に何度でも相談

コメント